2020年度第3回 山彦シンポジウムのお知らせ

幹事長 :戸田 達也(筑波大学M2)
幹事 :今中 真之(筑波大学M2)
加藤 幹也(筑波大学M2)
椎谷 優貴(筑波大学B4)
目野 航輝(筑波大学B4)
伴 天聖(筑波大学B4)

山彦プロジェクトにおける知能ロボットの研究の進展について互いに成果を報告してディスカッションし、また関連したテーマについて情報交換をするためのシンポジウムを下記の通り開催いたします。研究発表、話題提供、並びに参加者の募集をしますのでふるってご参加下さい。

更新情報

2021/1/22
ホームページ公開(トップページからのリンク作成)
2021/1/24
前説時間の追加
2021/1/25
項目の順番の変更
2021/2/11
参加登録・予行投稿の締め切り、シンポジウムプログラムの掲載・発表時間・発表件数の決定
2021/2/12
シンポジウムプログラムの更新
2021/2/13
開始・終了時間の変更
2021/2/19
シンポジウム全日程の終了

山彦シンポジウムについて

山彦シンポジウムは年に3回程度開催しており、

  1. 研究室の最近の研究成果や現在進行中の研究内容を全て関係者にご報告し、その内容の検討や討論に加えていただくこと
  2. 研究室の各学生にとっては、自分の研究内容を公表し参加者のご意見を頂くと同時に、発表討論の技術を身につけること

などを目的としております。

発表内容は、学会の講演会などにおける外部への発表に比べると、まだまとまっていない計画段階や研究途中での報告が主になっています。

したがって、このシンポジウムは原則として非公開で行っておりますが、私ども知能ロボット研究室の卒業生や共同研究などの関係のある方には、是非ご参加頂きたいと考えております。

それ以外の外部の方々のご参加も歓迎しておりますが、参加申し込みの前に sympo2020-3(at)roboken.iit.tsukuba.ac.jp までメールで連絡するようお願いします。

日時

2021年 2月17日 (水) ~ 2月19日 (金)

日付セッション開始時刻  セッション終了時刻
2月17日(水)8:3018:24
2月18日(木)8:3018:16
2月19日(金)8:3012:02

※開始・終了時刻を変更しました

山彦シンポジウムプログラム

当日のプログラムは以下PDFファイルをご覧ください。 参加予定者はご確認の上、準備をよろしくお願いいたします。

参加費

無料

※新型コロナウイルス感染対策の観点から接触を避けるため、昼食・飲み物などの用意はありませんので各自ご持参いただくようおねがいします。

※開催する総合研究B棟1階に自動販売機はございます。

発表時間および発表件数

所属 件数 前説 講演 質疑応答
知能ロボット研究室(教授,准教授,D1〜D3,M2) 15 2分 15分 ※D3は33分 10分 ※D3は12分
知能ロボット研究室(M1,B4) 26 2分 12分 8分
外部参加者(前説あり) 2 2分 12分 8分
外部参加者(前説なし) 2 なし 12分 8分

※参加人数が決定次第、公開致します。

懇親会

※新型コロナウイルスの影響を鑑みて、本年度は懇親会を行いません。

参加・発表申し込み締め切り

参加・発表申込期限は以下の通りです。 プログラム作成の都合上、必ず期日までにお申し込み下さい。 他大学、企業等からの発表も歓迎いたします。

参加申し込み締切発表題目登録(変更)締切予稿投稿締切
参加のみ(外部)2月 3日(水) 23:59--
参加および発表(外部)2月 3日(水) 23:592月 10日(水) 23:592月 10日(水) 23:59
参加および発表(内部)2月 3日(水) 23:592月 10日(水) 23:592月 10日(水) 23:59

予稿集

シンポジウムの内部資料として非公開の予稿集を作成します。 発表者はA4判の白紙に2~8ページの予稿原稿を作成して下さい。 (原稿は上下左右にそれぞれ20mmの余白を空けてください)。 外部参加者の方には電子版の予稿集をUSBメモリで配布または、電子メールでの送付を予定しています。 詳しい配布方法は後日参加者宛に告知いたします。

予稿サンプル

下のtexファイル、clsファイルをダウンロードしてご利用下さい。

参加・発表申し込み、予稿投稿

※参加登録・予稿投稿期間は終了致しました。

参加方法

本年度の第3回山彦シンポジウムはコロナウイルスの影響を考慮しましてオンライン(遠隔参加)・オンサイト(現地参加)を同時並行で開催します。

新型コロナウイルスの感染状況を鑑みて、外部参加者にはオンライン参加(遠隔参加)を推奨しています。

新型コロナウイルスの感染状況はgoogleとスタンフォード大学によるオープンプロジェクトの下表(表示に時間がかかる場合があります)や厚生労働省茨城県つくば市によって公表されれています。こうした情報も利用して参加方法を判断いただければと思います。

開催方法の概要

オンライン(遠隔参加)、オンサイト(現地参加)の併用を行うということで、下図のような形でシンポジウムの発表 ・聴講を行っていただく予定です。各参加方法の詳細は後に続く説明に記述してあります。わからないことがあればシンポジウム幹事団まで連絡いただければと思います。

オンライン参加(遠隔参加)

オンライン参加にはオンライン会議ツールのZOOMを利用しますので以下のPDFファイルを参考にPCにインストールしてください。
Zoom導入・参加方法.pdf

当日の参加方法

当日のZOOMミーティングへの参加は当日ミーティング参加用のURLを添付したメールを参加者全員に配布いたしますので、URLをクリックして参加してください。

注意事項

ZOOMミーティングに参加する際にはZOOMで表示される名前をご本人様確認のため参加登録フォームに入力した名前にしてください。
シンポジウム中は発表中は発表者の方の妨げにならないようZOOMのマイク機能をミュートにしてください。
シンポジウム中はカメラ機能をオンにしてパソコンの前で発表を聞くようお願いします。
参加中に問題が生じましたら幹事団宛に連絡をお願いします。ご協力をお願いします。

持ち物

当日はオンライン会議用にカメラ・マイク・PCを用意して参加してください。
カメラ・マイクはPC内蔵のもので構いません。

オンサイト参加(現地参加)

場所

〒305-0006
茨城県つくば市天王台1丁目
筑波大学 総合研究棟B 1階 0110公開講義室

注意事項

筑波大学では新型コロナウイルス感染拡大防止のための対応方針として、
学生・教職員は大学構内で直近14日間の健康観察記録とのその記録表の携帯をしています。
外部からの現地参加者に置かれましてもマスクの着用と当日から遡って14日間の健康観察の記録とその記録表の携帯をお願いしします。
健康観察記録表 様式例(EXCEL)
健康観察記録表(行動履歴欄あり) 様式例(EXCEL)

また、体調が優れない場合はオンサイト(現地)での参加をしないようにお願いします。

筑波大学の新型コロナウイルス感染症への対応
※会場には手を消毒するアルコールを設置します。

持ち物

昼食、健康観察記録表

連絡先

2020年度第3回山彦シンポジウム幹事団
e-mail : sympo2020-3(at)roboken.iit.tsukuba.ac.jp

その他

発表用器具としてスクリーン、マイクを準備します。 それ以外の器具(OHP,VTR (VHS),コンピュータ等)が必要な場合は,事前にご連絡下さい。

また、疑問点がございましたら上記連絡先まで連絡をいただければと思います。


HP担当 : 伴 天聖(筑波大学B4)