差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
tips:how-to-autotools [2014/10/17 20:12]
rpp
tips:how-to-autotools [2014/10/31 07:08] (現在)
rpp [configure 生成]
ライン 1: ライン 1:
-====== Autotoolsの使い方 ======+====== Autotools の使い方 ======
  
 ===== 概要 ===== ===== 概要 =====
ライン 37: ライン 37:
   $ libtoolize -c -f   $ libtoolize -c -f
  
-** --copy(-c) **\\+**%%--copy(-c)%%** 
 シンボリックリンクを作らず、libtool データディレクトリからファイルをコピーする。 シンボリックリンクを作らず、libtool データディレクトリからファイルをコピーする。
  
-** --force(-f)**\\+**%%--force(-f)%%**\\
 既存の libtool ファイルを置き換える。デフォルトでは libtoolize は既存のファイルを上書きしない。 既存の libtool ファイルを置き換える。デフォルトでは libtoolize は既存のファイルを上書きしない。
  
ライン 47: ライン 48:
   $ automake -a -c   $ automake -a -c
  
-** --add-missing(-a)**\\+**%%--add-missing(-a)%%** 
 パッケージ化に足りないファイルを自動的に生成。 パッケージ化に足りないファイルを自動的に生成。
  
-** --copy(-c)**\\+**%%--copy(-c)%%** 
 オプション時にシンボリックリンクではなくコピーする。 オプション時にシンボリックリンクではなくコピーする。
  
ライン 65: ライン 68:
   $ autoreconf -i -f   $ autoreconf -i -f
  
-** --install(-i)**\\+**%%--install(-i)%%** 
 パッケージ化に足りないファイルを自動的に生成。 パッケージ化に足りないファイルを自動的に生成。
  
-** --force(-f)**\\+**%%--force(-f)%%** 
 既存のファイルを置き換える。デフォルトでは既存のファイルを上書きしない。 既存のファイルを置き換える。デフォルトでは既存のファイルを上書きしない。
  
  
-==== パッケージのコンパイルインストール方法 ====+==== パッケージのコンパイルインストール方法 ==== 
 + 
 +=== 基本(コンパイル、インストール) ​===
  
-** 基本(コンパイル・インストール)**\\ 
   $ ./configure   $ ./configure
   $ make   $ make
   # make install   # make install
  
-** 掃除 ​**\\+ 
 +=== 掃除 ​=== 
   $ make clean   $ make clean
  
-** アンインストール ​**\\+ 
 +=== アンインストール ​=== 
   # make uninstall   # make uninstall
  
-** 配布パッケージ(tarball)作成 ​**\\+ 
 +=== 配布パッケージ(tarball)作成 ​=== 
   $ make dist   $ make dist
  
-** 大掃除 ​**\\+ 
 +=== 大掃除 ​=== 
   $ make distclean   $ make distclean
  
tips/how-to-autotools.1413544375.txt.gz · 最終更新: 2014/10/17 20:12 by rpp
CC Attribution-Share Alike 3.0 Unported
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0