差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

次のリビジョン
前のリビジョン
yp-spur:tips:get-digial-io [2014/08/27 20:45]
rpp 作成
yp-spur:tips:get-digial-io [2014/10/31 07:44] (現在)
rpp
ライン 1: ライン 1:
-aaaa+======デジタルIOの取得====== 
 + 
 +コントローラボードのIOポートを制御できます。 
 + 
 +=====IOの入力・出力設定===== 
 + 
 +  YP_set_io_dir( mask ); // mask: 入力を0、出力を1とした8ビットの整数、0で全ポート入力、255で全ポート出力 
 + 
 +=====IO出力===== 
 + 
 +  YP_set_io_data( data ); // data: 出力の0、1を表す8ビットの整数 
 + 
 +=====IO値取得===== 
 + 
 +  data = YP_get_ad_value( 15 ); // ADポート15番にIOのデータが収納されるようになっています 
 + 
 +==== テクノクラフト製B-Locoボードの場合 ==== 
 +  *PortE 0-3、PortB 2-5の計8ビットが利用可能 
 + 
 +  * ビット順は以下の通り 
 + 
 +   PB5 PB4 PB3 PB2   PE3 PE2 PE1 PE0 
 + 
 +  
 +  * 対応するピン番号 
 + 
 +^ ポート | PE0 | PE1 | PE3 | PE4 | PB2 | PB3 | PB4 | PB5 | 
 +^コネクタ | CN3-55 | CN3-54 | CN3-53 | CN3-52 | CN3-15 | CN3-18 | CN3-17 | CN3-20 | 
 + 
 +==== T-frogプロジェクトモータドライバの場合 ==== 
 + 
 +IOコネクタが搭載されています。ピン配置はモータドライバのマニュアルに記載されています。 
yp-spur/tips/get-digial-io.1409139924.txt.gz · 最終更新: 2014/08/27 20:45 by rpp
CC Attribution-Share Alike 3.0 Unported
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0