Windows環境

コンパイル環境構築(MinGW+msys)

Windows環境でCコンパイラgccを利用する主な方法として、MinGWとCygwinがあります。

YP-SpurはMinGW環境で利用できることを確認しています。

以下のページ中の[http://www.mingw.org/wiki/Getting_Started Getting_Started]を参考に、MinGW+msys環境をセットアップしてください。

http://www.mingw.org/wiki/MSYS

pkg-configのインストール

pkg-configをインストールしておくと、YP-Spur起動時にパラメータファイルのフルパスを指定する必要がなくなります。

以下のページから[http://www.gtk.org/download/ Download]、Windowsと辿り、pkg-configを探してください。

http://www.gtk.org/

ダウンロードしたファイルを展開しbinディレクトリを、msysをインストールしたディレクトリにコピーすればインストールが完了します。

YP-Spurのインストール

  1. ダウンロードしたYP-Spurのパッケージを、msysをインストールしたディレクトリにある、'home/ユーザー名'のディレクトリに展開します。
  2. Windowsのスタートメニューから'MinGW Shell'を実行します。
  3. 以下のコマンドを実行してください。
 $ cd '''1.で展開したYP-Spurのディレクトリ'''
 $ ./configure --prefix=/usr
 $ make
 $ make install

ロボットパラメータのインストール

  1. ダウンロードしたyp-robot-paramsのパッケージを、msysをインストールしたディレクトリにある、'home/ユーザー名'のディレクトリに展開します。
  2. Windowsのスタートメニューから'MinGW Shell'を起動します。
  3. 以下のコマンドを実行してください。
 $ cd '''1.で展開したyp-robot-paramsのディレクトリ'''
 $ ./configure --prefix=/usr
 $ make install

USBシリアル変換のドライバインストール

[http://www.ftdichip.com/ FTDIのサイト]から、

[http://www.ftdichip.com/Drivers/VCP.htm VCPドライバのダウンロードページ]を探して、

使用しているWindowsのバージョンにあったドライバをインストールしてください。

動作テスト

COMポート番号のチェック

ロボットの電源を入れてから、'コントロールパネル'の'デバイスマネージャ'を開きます。

'ポート(COMとLPT)'を開き、接続したロボットのCOM番号をチェックします。

サンプルプログラム実行

以下の操作をすると、ロボットが動き出しますので、ロボットを広い床に置いてください。

Windowsのスタートメニューから'MinGW Shell'を'2回'起動します。

1つめのMinGW Shellで以下のコマンドを実行してください。

$ ypspur-coordinator -p '''ロボットのパラメータファイル名(例:beego.param)'''

2つめのMinGW Shellで以下のコマンドを実行してください。

$ cd '''[[#YP-Spurのインストール]]の項で展開したYP-Spurのディレクトリ'''/samples
$ ./run-test
yp-spur/tips/windows-env.txt · 最終更新: 2014/10/31 07:16 by rpp
CC Attribution-Share Alike 3.0 Unported
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0